晩婚化や少子化が叫ばれる昨今ですので、高いお金を払ってまでマイホームを手に入れる時代ではないのかもしれません。昔は親2人に子供3人の5人家族などは、当たり前でしたよね?しかし今では子供が1人だけという家庭も少なくありませんので、3人で暮らすには一軒家という住まいは少し大きすぎるとも言えます。

そこで人気を集めているのがマンションなのですが、マンションにも2種類ありますよね。新築と中古が。新築には「そこに誰も住んだことが無い」といったメリットがあるでしょう。また再開発地域の物件を上手に見つけられれば、将来的に住みやすい生活を手に入れることも可能です。

しかし中古マンションと比較すると、どうしても値段が高いといったデメリットが存在します。また住み始めてみると、あまり住み心地が良くないことに気づく場合もあるでしょう。そのためリフォームがおこなえる中古マンションなどを見つけられるのであれば、中古マンションの方が何かとメリットが多かったりするんですよね。

日本は世界的に見ても耐震性に優れた物件が多いため、それが中古であっても地震に十分強い不動産である場合が多いです。関東大震災などの超大型の地震が発生してしまえば、新築だろうが関係なく崩壊してしまうわけですから。そう考えれば、一定の耐震システムが備わった中古マンションであれば、新築と比べても遜色ないと言えるでしょう。

もしも中古マンションに絞って物件を探しているのであれば、三井住友トラスト不動産で全国の物件情報をチェックしてみるといいでしょう。首都圏から九州までの物件が多数掲載されていますよ。

★中古マンションのことなら【三井住友トラスト不動産】★・・・http://smtrc.jp/mansion/